ネコのフンから取り出す「世界最高級コーヒー」お味は?

印刷

   小木逸平アナが「世界でもっとも高級なコーヒーです」と取り出したアルミのパッケー ジ。インドネシアの「コピ・ルアック」というのだそうで、「知ってました?」と問う。

   鳥越俊太郎(ジャーナリスト)「初めて聞いた」

   小木「200グラムでいくらだと思います」

   森永卓郎(経済アナリスト)「3000円」

   落合恵子(作家)「1万円」

   答えは「8400円」。 ブルーマウンテンの約4倍だ。小木はさらに、「この製造方法がすごい」とパネルを返すと、「ネコの糞から製造」と出た。

   「ホー」「はっはっ」

   ネコといってもジャコウネコ。剥製を持って来て、小木が解説する。このネコはコーヒーの実が好物だが、豆の部分は殻で覆われているので消化できず排泄される。それを洗って殻を割るとコーヒー豆が現れる。

   「だから、糞まみれになっていたわけじゃない」と小木は言うが、森永は顔をしかめている。

インドネシアの「コピ・ルアック」

   「では、なんで高級なのか。そもそもおいしいのか。みなさんに飲んでいただきます」と、コピ・ルアックが出た。みな恐る恐る飲んでみて――

なんか残るものがあるね

   鳥越「うまい。香りがいい」

   落合「マイルド。なんか違う形を思い出しちゃうけど」というのは、ジャコウネコの糞の写真を見てしまったからだ。

   森永「あの映像見ないで、これだけ飲んでれば」

   赤江珠緒キャスターはなかなか口をつけられずにいて、「最初に飲もうと思った人はすごいで すね」

   小木が言うには、ジャコウネコはいちばん熟した実を食べる害獣だったが、これが腸内細菌でおいしくなって排泄される。植民地時代のインドネシアでは、現地人はコーヒーを飲めなかった。そこで糞の豆ならいいだろうと飲んでみたところ、おいしかったのだと。

   ここで赤江が「ナポリタンのスパゲティーのタマネギをいためたような甘みが」 と感想を口にした。

   小木「珍らしいコーヒーの感想ですね」(笑い)

   落合も「すっきり感がある」

   鳥越「なんか残るものがある(赤江がしきりにうなずく)。が、残ったのが糞じゃないかなと思ったらつらいものがあるね」(笑い)

   思い込みのきつい森永は、とうとう感想に至らなかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中