二宮和也フジ系「火9」 嵐におんぶに抱っこ民放各局ドラマ

印刷

   フジテレビ系火曜9時の連続ドラマ「フリーター、家を買う。」に、浅野温子(49)が7年ぶりの民放連ドラ出演と話題になっているが、注目はむしろ息子役の「嵐」二宮和也(27)じゃないのか。二宮は嵐結成以前からテレビドラマや映画に出演していて、演技力には定評がある。とりわけ、クリント・イーストウッドが監督した映画「硫黄島からの手紙」の兵士役は米国でも高い評価を得た。

   ドラマでは重度のうつ病に苦しむ母親を見て、自堕落なフリーター暮らしから立ち直る役で、二宮が悩む若者をどう演じるか期待されている。

   それにしても、いまや民放のドラマはまさに「嵐」におんぶに抱っこ。日本テレビ系の「怪物くん」は大野智だったし、いま放送中のフジテレビ系「夏の恋は虹色に輝く」は松本潤だ。嵐が旬だからなのだが、嵐人気に寄りかかるだけでは、ドラマそのものの面白さは半減する。二宮はこれまでTBS系のドラマが多かったが、フジの制作スタッフがどこまでその演技力を引き出せるかも注目されそうだ。

テレビウォッチ 編集)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中