使い捨てコンタクト「回収情報間違えた!」番組チョンボ

印刷

   「使い捨てコンタクト使ってる方?」と訊く森本さやかアナに、「はい」と答える司会の小倉智昭とコメンテイターの真鍋かをり。

   ジョンソン・エンド・ジョンソンの「ワンデー アキュビュー トゥルーアイ」の一部ロット製品で、製造工程の不具合により希釈剤が残存。角膜潰瘍など健康被害の報告が多数あり、回収中というお話である。対象製品は2010年4~9月に流通した約10万箱で、現在5万箱が未回収だという。

放送10分後に慌てて訂正

「いま付けてるやつ大丈夫かな」

   同製品使用者の真鍋が不安がる。しかし、番組で対象とされたのは、外箱側面が「BC9.0、D(度数)-1.00、LOT492248」のモノのみ。「マイナス1だけ? ああ、なら大丈夫。よかった」と真鍋。

大丈夫かなあ

   「(度数が)7とか6の人は平気ってことだよね」と念を押すオグラに、「はい、この番号(の組み合わせ)だけ覚えてください」と森本。

   ところが、それから10分たって、番組は情報を訂正した。どうしたことか。番組はメーカーのホームページに対象製品の「一例」として記載されていた写真http://acuvue.jnj.co.jp/corp/news/n0003.htmを、対象の「すべて」と勘違いして伝えてしまったようだ。実際には対象の度数、ロット番号は多岐にわたる。真鍋は安心してはいけなかったのだ。

「(正確な情報は)ホームページをチェックして下さい」と森本。なんともお粗末で有害な「回収」協力となった。
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中