書道家・武田双雲に寄せられた「恥」の独自解釈

印刷

   書道家の武田双雲がツイッターで「『恥』はなぜ『耳』に『心』なのか。個性的なオリジナル見解求む」と漢字の独自解釈を求める質問を投げかけたところ、1日で100以上の回答が集まったと、2010年9月11日のブログで報告している。

   もっとも多かった回答は、

「恥をかくと耳が真っ赤になるから」

   その次に多かったのは、

「『聡』から『公』を取ったら『恥』」

だったという。

   そのほかにも、

「やらかしてしまったことは大抵耳から入ってくるから」
「耳の近くに恥を感じる心があるから」
「耳と心臓がくっついちゃいそうなくらい小さな穴に入りたくなるとか?」
「自分や周りのひとの心に耳を傾けることができることが感じられるモノだから」

など、さまざまな独自解釈を紹介している。

   多くの回答が寄せられたことに対し、武田は同日のツイッターで「ありがとうございました!『恥』の心、忘れないで生きていきます」と感謝のメッセージを残した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中