63年前にも作られた電気自動車「最新型」より乗り心地いい?

印刷

   究極のエコカーといわれる電気自動車を、日産が12月に発売する。「日産リーフ」がそれで、先頃埼玉であったお披露目ツアーに、レポーターの高村智庸が参加した。

加速は?

   実際にハンドルを握ってみた感想は、「普通の感覚で運転できる」「早いなー」「音がないからか、気持ちが優しくなる。雰囲気が軟らかくなる」のだそうだ。

1キロ1円の燃費

   それがスタジオに登場した。コメンテーターもみな嫌いな方じゃないらしい。乗り込んでみての感想は、鳥越俊太郎が「もっとやわな車かと思っていたが、しっかりしてる。なによりタイヤが大きい」と、けっこううるさ型のコメント。

   スタジオだから、ほんの数メートルしか動かせないが、「音がしない」「振動がない」「排気ガスがない」はいいとして、気になるのは充電だ。

   充電は普通で8時間。急速充電だと30分。充電場所は普通が全国で2000か所、急速が200か所になるのだという。で、お値段の方は、376万円。高村は「エコカー補助金が77万円でるから、実質は299万円」といったが、あれ? あれはもう予算が亡くなったんじゃなかった?

   松尾貴史が「燃費は?」

   130円のガソリンだと、1キロ6.5円だが、リーフだと1キロ1円だという。つまり、1000キロ走って1000円。ガソリンより5500円安くなる。これで、1回の充電で200キロ、クーラーなどを使うと160キロ走行可能だという。

   赤江珠緒が「加速はどうなんですか?」。ん? 彼女も飛ばし屋か?

   高村もその口らしく、「それが、普通だとスカイライン並みなんですよ。エコ・モードだとやさしく走る」

名称は「たま電気自動車」

   その電気自動車で、63年前に日産が作ったものがあった。横浜の日産グローバル本社ギャラリーに修復されて、実際に動く状態のものが展示されていた。これが見物だった。

   なによりも、スタイルがいい。かつてのダットサンよりも一段とクラシックで、ワイパーは1本、方向指示器はなつかしや腕木式だ。レポートの高木千晴がもう大喜び。

   「たま電気自動車」という名前で、1947年(昭和22年)に、当時ガソリンが不足していて、電気には余裕があるというので作ったらしい。当時25万円で売ったというから、とんでもない値段だ。それでも1000台売れたそうだが、その後ガソリン事情が良くなって、50年に生産中止になったという。

   1回の充電で、時速35キロで65キロ走ったそうだ。どんな電池を使っていたのか。車体は木骨鉄板張りで、部品類もなかったため、修復には苦労したらしい。

   しかし、その結果ちゃんと動くようになっていて、試乗した高木は、「座席の中身はワラです」といわれて「座り心地がいい」と大喜びだった。このクラシック電気自動車は、27日まで同ギャラリーに展示されているが、早くも「欲しい、かわいい」とマニアに人気なのだそうだ。リーフ発売のPRにもなりそう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中