サッカー長友宅「強襲」 伊国ファンのお祭り騒ぎ

印刷

   サッカーイタリア セリエA「ACチェゼーナ」でプレーする長友佑都選手が9月13日(2010年)のブログで、「最高の1日」を報告している。

   強豪ACミランを相手にむかえた11日の試合で、チームは2-0で勝利。大金星を挙げたことに本人も「ミラン相手に勝つことができて、すごい気分がいいよ」と喜びを爆発させる。しかも勝ったその日は長友選手の誕生日でもあり、「最高な1日になりました!」と興奮を隠せない。

   ミランからの勝利でチェゼーナの街はお祭り騒ぎだ。もっとも、長友選手は帰宅するまでずっと、ファンに囲まれて大変だったという。自宅の前にさえサポーターがいたのにも困惑。家で一息ついていると今度は突然、インターホンがなるではないか。時刻は夜中の2時ごろ。モニターで確認してみると、玄関にはさきの熱狂的なサポーターがいた。

「お前は友達か!って突っ込みたかった。10回くらい鳴らして、無視してたらあきらめて帰っていったよ。オープンな性格なのはわかるけど、さすがに自宅直撃はちょっと」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中