鈴木おさむ「売れっ子ぶり」巧みに使ったちょっと臭い「いい話」

印刷

「お茶の水ハカセ」(TBS)2010年9月7日19時56分~

   この日は番組レギュラーでもある放送作家の鈴木おさむが主役。鈴木&大島美幸夫妻が千葉の実家に里帰りするもの。現在、鈴木の実家(自転車&スポーツ店)はリフォーム中で、その進行具合を見に行くということなのだが、事の発端は今年の正月、鈴木夫妻が実家に泊まった際、風呂が壊れていることに気づき、「風呂をリフォームしたらどうですか」と提案したところ、風呂だけでなく、店舗部分も含めた大リフォームになったそうだ。親孝行で実家をリフォームするなんていい話ではないか。
   そんな親孝行のおさむは売れっ子作家にも関わらず、家も賃貸で車も持たず、これまで大きな買い物をしたことがなかったそうだが、3年前に自分へのご褒美として474万円もする高級腕時計を購入し、お守り代わりに肌身離さずつけているんだとか。
   ところが激辛占いの魚ちゃんに「この腕時計をしていると運が悪くなる」と言われ手放すことになった。おさむは腕時計を換金したお金(130万円)で出身校など地元の4つの小学校に図書を寄付するというからこれもまたいい話ではないか。なんでも、昨年NHKの「ようこそ先輩」で母校に行った際、学校に予算がなく図書室にあまり本がなかったことが気になっていたそうだ。
   だったらその時にすぐプレゼントしろよとも思うが、それで番組をちゃっかり1本作ってしまうのだから売れっ子作家は違う。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中