絶滅から復活しNY襲う 「眠れない街」化させた正体

印刷

   「いまニューヨークで眠れない夜が続いてるって知ってました?」と司会の小倉智昭。いえいえ、暑さのせいじゃありません。ナンキンムシ、別名トコジラミ、ベッドバグ、オグラ呼称ではトコダニが最近、大発生しているせいなんだそうである。

   番組伝える東京新聞記事によると、ニューヨークではオフィスビルや高級ホテルにまで次々とナンキンムシが発生、マンハッタンの映画館や人気衣料品店が一時閉鎖される騒ぎもあった。NYはいまや「眠らない街」ならぬ「眠れない街」と化しているのだ。

ナンキンムシ発生

   NYのみならず、フィラデルフィアやデトロイトでも深刻な被害が見られるという。米国ではとうに絶滅したはずのナンキンムシだが、国外から輸入されて広まったんだとか。

やたらと痒い

   「トコダニが体にくっつくと本当に取れないし、赤い斑点ができて、やたらと痒いんですよ」。経験者のオグラはリアルに語ったが、スタジオの共演者たちの反応はまるで他人事のようであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中