内野聖陽と上戸彩「10年後の夫の愛と『今のあなたが好き』」ワクワクと切なさ

印刷

<10年先も君に恋して(NHK火曜午後10時)>サングラスをかけた怪しげな中年男が何回も自分の前に現れ、「将来、僕と結婚するのをやめてくれ」なんて言い出したら…。やっぱり、タチの悪いストーカーか変な人かと思ってしまうだろうなぁ。でも、ドラマなら設定として面白い。

未来から来た夫「僕と結婚してはいけない」

   女性編集者・里花(上戸彩)の前に、未来からきた10年後の夫だという男・博(内野聖陽)が現れ、自分と結婚しても破綻するだけだから、いま自分とは付き合わないようにと言う。

   最初は怪しんでいた里花も、最近知り合い好感を持っている博と、この不審な男がどこか似ていることに気づきながらも、「私の未来は私が決める」と現在の博と付き合うい続けることを決める。

   タイムスリップものは多くあるけど、自分の10年後の結婚生活が破綻するという話はなかなか斬新。しかも、未来の夫から「結婚しないで」と言われるなんてなんだか哀しいのに、コメディータッチで描かれているから、笑いながらついつい見てしまう。博に恋する里花の可愛さと10年後の博のせつない感じの対比、里花と10年後の博のかけあいが絶妙で面白い。

   里花の担当する気難しい作家・濱田(渡辺えり)も強烈な個性をはなっている。 「今度その男に会ったらちゃんと話を聞きなさい! そして私に報告するの」と凄む様はさすがでした。

   10年後の自分がどうなってるのか思いめぐらしてみたり、10年前の自分を叱咤したい気持ちになったりすることはよくあるけど、結局、「いまを生きる」しかないんだもんなぁ。だからこそ、人生は切なかったりロマンチックだったりするんでしょう。なーんてことを考えてしまった。コメディあり、ロマンチックあり、次どうなるんだろうとワクワクできる恋愛ドラマは久しぶりかも。

てらっち

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中