酒井若菜が振り返る 「ツラかった20代」支えた言葉

印刷

   タレントの酒井若菜が9月14日(2010年)のブログで、30歳の誕生日を報告した。

「9月9日で無事30歳になりました。意外なことに、誕生日当日は感極まりました」

   30歳の誕生日は、20代を終えた喜びや落ち込みといった何かしらの「節目感」を感じるものだと聞いていた。もっとも自分は何も感じないだろう、と思っていたのが、実際は「ワッと高まる思い」。そんな自分に少し戸惑いながらも、力が抜けるような開放感があった。

   自身の20代は「ツラかった」と振り返る。「笑わなかった日より、笑った日を数えたほうがずっと早い」と言うほどだ。が、尊敬する先輩たちは「若菜ちゃんは、30歳からだ。そして32歳から認められ始める。だからそれまでは耐えろ」と言ってくれた。この言葉をすがる思いで信じ、だから頑張れたのだという。

   やっと20代が終わった今をたとえるなら、スタート地点に立つために上着を脱いだところ。たった10年しかない30代を「選択肢は幸せのみ」と意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中