2018年 7月 21日 (土)

ちばてつや入院初日 食べたくなった名物とは

印刷

   漫画家のちばてつや(71)が2010年9月15日のブログで、入院したことを報告している。

   ブログによれば8月初旬、大腸の近くに「怪しいモノ」がいくつか見つかったとのこと。スケジュールの都合もあり、今になってようやく入院することになったようだが、「早期発見ということだし、腕の良いお医者さんにやって貰う」ので心配はしていないという。

   むしろ、「手術前にお腹の中をキレイにしなければならないのがえらく大変でね」と食事を抜かなくてはいけないことが心配な様子。早くも「病院の窓から外を眺めて、もう食べ物やお酒のことを考えている」ようだ。

   いつも楽しみにしている晩酌もできないため、

   「しらふのまま、お腹が減った状態で今晩眠れるのかな~」

   「ああ、焼きたての宇都宮の餃子が食べたいぞ」

と入院初日の感想を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中