民主党幹事長に岡田外相浮上―はたして「火中の栗」拾うか

印刷

   民主党の幹事長人事が難航している。菅首相としては川端文部科学相を考えていたようだが、「引き受けるのは厳しい」と固辞されたといわれる。川端にしてみれば、代表選でこじれた党内の修復、ねじれ国会の調整など、「火中の栗拾い」はしたくなかったらしい。

将来の総理としての経験

   川端に代わって浮上したのが岡田外相と報ずるのが朝日新聞。井上貴博アナが読みあげる記事によると、小沢前幹事長との距離を置く外相の起用で「脱小沢路線」を維持し、世論の理解も得られると首相が判断したと見られる――という。

ちょっと弱腰

   MCみのもんたの「どうですか」という問いかけに、コメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授、元三重県知事)は、「いいと思う」と答え、「将来の総理候補として火中の栗を拾うくらいの覚悟と、安定的に野党と党内を調和させる能力が問われる。原理原則の人といわれる岡田さんにとってはチャンス」と述べた。

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)が「外交の継続性の点でどうなのか」と懸念を口にすると、北川は「幹事長ならば外交も引き受ける点が出てくる。経験者を幹事長にする手はある」とした。

   井上が「岡田さん自身は外務大臣留任を希望している」と言うと、みのは「普天間基地問題のとき、もうひとつガツンとやってもらいたかった。ちょっと弱腰だった」と話す。

   これまで長期政権を担った総理は、いずれも人事が巧みといわれた。果たして菅首相は冴えを見せられるだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中