木村裕子 レーシック手術受けて「感動しまくり」

印刷

   鉄道アイドルでおなじみの木村裕子がレーシック手術を受けたという。9月15日(2010年)のブログで書いている。

   イベントや仕事の時は裸眼で出演している木村。ただ最近は、カンペが読みにくかったり、ロケの時は遠くから来る電車の車両が「何系」なのかわからなかったり。コンタクトレンズにしたいと思っていたが、作る、買う、持ち歩くのはとても面倒。目の中にレンズを入れるのもちょっぴり怖いので、レーシック手術を受けることにした。

   手術中は医師が、今何をしているか、どうなっているか、次は何をするかをきちんと教えてくれた。また、女性看護師が彼女の手を握ってくれたので、とても安心できたという。「極度にビビリってたあたしを見兼ねてしてくれたのかと思ったらもれなく全員へのサービスだそうです」

   そして、手術を終えた翌日からは「感動しまくり」だ。遠くの看板がはっきり見えること、道路を挟んで向かいのスーパーで売っている玉ねぎの値段が見えること、空が綺麗にみえることなどなど。JR山手線のホームでは、2つむこうのホームに着いた列車「あずさ」のLED表示もはっきりと見えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中