氣志團と聖飢魔II―よくわかってないけど小倉智昭お薦めCD

印刷

   長いことで知られる「とくダネ!」の朝礼ことオープニングトークで、司会の小倉智昭がおすすめのCDを山ほど紹介していた。以前この番組で小耳に挟んだことだが、オグラ@とくダネ!に紹介されると売り上げ急増とあって、オグラのもとにはレコード会社の人間が日参しているそうな。朝日新聞の書評かオグラのCDかってなもんである。

『木更津グラフティ』『悪魔との契約書』

   さて、敬愛してやまないというデビッド・フォスターなどのアルバムをあれこれ取り上げたあと、オグラは「ハードロックが好きな人」に向けて、2枚のCDを手に持った。氣志團の『木更津グラフティ』と聖飢魔IIの『悪魔との契約書』である。

ほんっとにウマいです

   氣志團がハードロックなのかはさておき、問題は聖飢魔IIだ。前世紀末に解散したはずのこのバンドは、たまに理由を見つけては再結集し、アルバムも出している。だが、いまカメラにアップで映っているジャケットのど真ん中には「Tribute to 聖飢魔II」とある。「悪魔との契約書」はいわゆるトリビュートアルバム――他のアーティストによる聖飢魔II楽曲のカバー集なのだ。くどいようだが、アルバムの参加者はEARTHSHAKER、SEX MACHINEGUNS、SHOW-YAらであって、聖飢魔IIではない。

   だが、オグラはそのことを理解していたのかいないのか、トリビュートであることはひと言も触れず、「氣志團も聖飢魔IIも、見るととっつきにくいかもしれないが、このアルバム聴くと、ほんっとにウマいですね」と、カバーを聴いて本家のウマさを語るのであった。それもこれもエンタ★マイスター・オグラならではの聴力と言えるだろう。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中