2018年 7月 20日 (金)

「民主分裂話もういい」スタジオはうんざり顔

印刷

   民主党の「挙党態勢」が早くも崩れそうだ。カギと見られていた幹事長に、「反小沢」を鮮明にしている岡田外相が決まったからだ。

   岡田起用について菅首相は、「難しい時期の党務を任せるのに信頼できる人だと思ってお願いした」と述べ、岡田外相は「政権交代をさせて頂いた国民の気持ちを考えたら断れない。天命でしょう」と引く受ける意向を示した。

   この菅政権による『脱小沢路線継続」のメッセージに、小沢グループから反発の声が上がっているという。その代表格の松木謙公議員は「挙党体制という話をずっとされてきたが、その辺はまだ見えてこない」と反発している。

対中国どうする?強気の前原外相

   日本テレビ政治部の青山和弘記者は「党運営のやり方次第では民主党分裂の可能性も出てきた」と見る。司会の加藤浩次は「シッ、シッ」と手で払いのけるしぐさをしながら、「その辺のことはもういいですよ。もういい」とうんざり顔。

シッ、シッ…

   キャスターのテリー伊藤は「岡田さん適任じゃないですか。幹事長職はお金を扱う。岡田さんは原理主義といわれるくらいお金にしっかりしている。外務大臣は前原さん(国交相)ですか、強気だから中国の問題をどうするか。ちょっと注目ですね」と評価した。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中