MAXのいまさら再現ドラマ…都合のいいとこだけ集めた感動話

印刷

「金曜日のスマたちへ」(TBS)2010年9月17日21時~

   この日のゲストはMAX。新聞のテレビ欄には「MAXより女の幸せを選んだミーナを憎んだ…記者会見の笑顔は全部ウソでした…今夜初告白」とある。全盛期のMAXならともかく、最近では椿鬼奴の「ひとりMAX」というネタでしか見ないいまさら感の強いMAXでは視聴者の興味をひけそうにはないと考え、意味ありげな初告白をウリにしたのだろうか。しかもご本人たちによる再現ドラマというおまけまでつけて。
   プライベートでも仲の良かった4人が、ミーナの妊娠発覚で亀裂が生じ仲間割れのままミーナが脱退。その後、新メンバーが加入するもCDのリリースもままならず人気は低迷。コンサートの衣装も舞台も手作りというどん底時代を経て、ミーナが再びメンバーに加わるまでを描いていた。
   この番組の特徴は都合の悪いところはないことにして、いいところだけを見せる傾向がある。捏造とは言わないが、あえて触れず、口当たりのよい感動話を仕立て上げるのだ。今回もMAX再結成までのいきさつはわかったが、そもそも故郷の沖縄に戻り、夫と2人の子供と幸せに暮らしていたミーナが再びMAXで活動しようと決意した理由は語られず、なんだか釈然としない。と思ったら最後にMAXのヒットメドレーを熱唱。出演者も一体となって盛り上げていた。ようするにこれがメインだったようだ。9月にはニューアルバムが出たようで、かたちを変えた番宣か。あほらし。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中