片山善博総務相コメンテーター卒業!ナマ出演で無難な「大臣答弁」

印刷

   番組のコメンテーターだった片山善博総務大臣をスタジオに呼ぶ。MCみのもんたが「以前なら『片山さん』と気軽に声をかけられたのに、今はSPの方が立ちはだかって」と笑いを誘う。

いまはSPが…

   課題とされる「地域主権改革」「公務員制度改革」「郵政改革」について、本音を聞こうという趣向だ。外野席からは、いずれも政府の進め方に批判的だった新大臣だが、「地域主権」は「自治体の自由度を高める」、「公務員制度」に関しては「人事院勧告と労働基本権をどう調整するか」と無難な答え。立場上、大胆発言は控えざるを得ないのだろう。

   新聞紙上などで反対を唱えていた「郵政改革」について「総理の厳命があった」と明かす。「いろいろ思いはあろうけど、連立の根幹にふれる問題だから内閣の方針に従ってもらいたい」と言われたという。「異論ありません」と受けたそうだ。さらに片山はこう話す。

「内閣改造はリレー競走。走りながらバトンを持つ手を変えるとか、ホコリを払うことはあるにしても、とにかくバトンを引き継がないとリレーを走れない」

   自分のそれまでの考え方をある程度変えなきゃいけないが、前大臣の方向をそのまま引き継ぐわけではないということだろう。相変わらず例えが上手い。番組は貴重なコメンテーターを失ったといえそうである。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中