格安航空「羽田・クアラルンプール5000円」だけどブランケット1枚1000円

印刷

   茨城空港や本格国際化した羽田空港に、世界の格安航空会社(LCC)が続々乗り入れ。羽田・クアラルンプール間を結ぶ路線を新設した「エア・アジアX」は、一部座席のキャンペーン価格で片道運賃オドロキの5000円だという。

安全・サービスちょっと心配

   安いのはいいけど、安全面――機体やパイロットの品質や管理など――は大丈夫なのかと、コメンテイターの高木美保は気にかける。司会の小倉智昭は「燃油サーチャージ込みなの(5000円に込みだそうである)」、「ブランケットが高い。買い取りで1000円。ペラペラじゃないの」とサービスとカネを細かくチェックする。

いまは乗りませんけど

   「ボクは正直、いまは(LCCに)乗りませんけど」と、カネとサービスにシビアな小富豪・オグラは順当な結論を出した。だが、話の続きがオチだったのである。

「『とくダネ!』が終わったら、すぐ乗ると思います」

   そう言うと、小型犬のようにラブリーで卑屈な笑顔をひとしきり浮かべた。

   このごろ、オグラは番組内で自身や「とくダネ!」の近未来について、らしくない弱気な自虐的発言を連発している。外では今夏のしつこい日差しがようやく弱まりつつあるが、テレビではオグラのとくダネ!帝国にも少々落日の兆しが感じられる今日この頃ではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中