米国歌の歌詞もメロディも忘れちまった!格闘技イベントで歌手真っ白

印刷

   そのとき、ヨーロッパでも屈指の超人気格闘技イベントだという「KSW」のリング上で、地元ポーランドの英雄的スター、マリウシュ・プジナフスキ選手と、日本のK-1にも出場した米国のバタービーン選手の対戦が、いままさにはじまろうとしていた。

   まずはバタービーンの母国である米国歌「スター・スパングルド・バナー(星条旗)」の独唱。「オー・セイ・キャン・ユー・シー」ではじまるおなじみの曲である。歌い手は米国人ではなく、ポーランドの人気男性歌手マテウシュ・クラウトヴルストさん。バタービーンは直立不動で国歌を聞き、そのかたわらにはセクシーな女性2人が大きな米国旗を広げ持つ。ここまではいかにもよくある光景だ。

歌い始めて十数秒でストップ

   だが、クラウトヴルストさんは歌い出しから不安定だった。音程は不確かで、壊れたCDのように突然とまったりしつつ、なんとかハミングでごまかそうとしたが、それも無理。どうやら歌詞とメロディを完全に忘れてしまったらしく、開始数十秒で完全に停止した。

   会場につめかけた観客は、大半がプジナフスキを応援していたのだろうが、この興ざめなアクシデントにがやがやピーピーと騒ぎだし、そんななか、曲はいきなりポーランド国歌に切り替わった。

   この間、たびたび画面にクローズアップされたバタービーンは顔色ひとつ変えなかったものの、その後の試合では、この締まらない国歌独唱と同様、まったくいいところなく敗れてしまったという。

   この動画「Hymn USA, Anthem FAIL - Mateusz Krautwurst」は、投稿から約2日間で25万回以上再生された。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中