3流ドラマの検事でもやらん!「捜査資料で遊んでた」に口あんぐり

印刷

「大阪地検主任検事、押収資料改竄疑惑報道について」(各局)2010年9月21日

   筆者が最近書いた「てれび見朱蘭」の「村木厚子被告無罪報道」の中で、法曹界の人間へのある種の疑念を指摘したが、こんなに早く事件として現れるとは思いもしなかった。それどころか、われわれ凡人の予想を遥かに覆す成り行きで全く口あんぐりである。
   事件そのものについては最高検の捜査が入ったばかりで流動的、暫く見守らざるを得ない。それよりも、筆者が関心を持ったのは報道された中身のディテールである。上村被告の家宅捜索で押収されたフロッピーディスクがテレビでも映った。2004年当時はFD全盛時代だから当然だが、今ならUSBなどである。RD(リムーバブルディスク)なら財布に入ってしまう大きさなので、簡単には見つけられなかったかもしれない。
   「私用パソコンにダウンロードしたソフトを使って更新日時を書き換えて遊んでいた(朝日新聞・朝刊)」との当該検事の言い訳には仰天する。大切な証拠品を共同で管理すべきなのに、己のパソコンでUSBメモリーにコピーした挙句、「遊びで」操作するとは何をかいわんや。3流ドラマの検事でも、こんなことはやらんぞ。
   逆説的自虐的に言えば、世間的には正義の味方で頭脳明晰、品行方正な人物たちの集団と考えられていた検察の中に、凡人より常識はずれで、モラルも低く、他人の一生を左右するかもしれない権力の行使に対する厳粛な使命感が欠如している人間がいる。個人というより法曹界全般の教育に問題があるのではないかと思う。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中