2018年 5月 22日 (火)

笠井信輔アナの慎重解説ブチ壊した小倉キャスター「殺害発言」

印刷

   今年6月、交際相手の死体を静岡県藤枝市の河川敷に遺棄した疑いで、34歳の主婦が逮捕された。容疑を否認しているという。

死体遺棄事件です

   番組などによると、逮捕された主婦は被害者と今年1~2月ごろから交際していた。また現在、容疑者は妊娠していると見られ、2週間前、近所の人に12月25日が出産予定だとうれしそうに話していたという。

   スタジオでは、被害者の体格などを説明していた笠井信輔アナが「殺され(た)――」と言いかけて首を振り、「亡くなった○○さん」と言い直した。(まだ)殺人事件ではなく、「殺された」とは言えないからだ。そこはいくら朝ワイドでも、アナウンサーは間違えてはいけないトコロなんである。

   一方、司会の小倉智昭のほうは、「どこで誰が、どういうカタチで殺害したかもわかってないんだ」と、まるで殺害前提のような話しぶりであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中