ユンソナ、臓器バンクに登録 はじめは「怖かった」

印刷

   タレントのユンソナが臓器バンクに登録したことを9月29日(2010年)のブログで明かした。

   「誰かに臓器を渡すことによってその人に希望と命を与えるってすごいことですよね」とユンソナは語る。「私が人の役に立てるなんて、うれしいな」と思って臓器バンクのキャンペーンに参加し、28日にドナーの登録をしてきたという。

   当初はためらいもあったようだ。キャンペーン参加の依頼がきたとき、「なんだか急に、怖くなったというか、不安になったというか…」すぐには返事ができなったとか。自分だけの身体ではないと思って家族に相談したところ、大いに賛成してもらえたため、参加を決意した。

   ブログの最後でユンソナは、「今年は芸能人では私からスタートします。次へとバトンを渡すリレーが始まるんです。ドンドン広がるとイイね」とキャンペーンをアピール。コメント欄にはユンソナの勇気を讃えるメッセージが集まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中