2018年 7月 22日 (日)

「証拠改ざん捜査」最高検ストーリー「恥の上塗り」ならねば良いが…

印刷

   大阪地検特捜部の証拠改ざん事件は、また一段階ステージが上がった。改ざんの実行犯とされる主任検事から事後報告を受けた上司ふたりが、改ざんは故意だとわかっていながら、隠蔽を計ったとして逮捕されたのだ。

   番組によれば、前特捜部長は主任検事に事件についての上申書を書かせ、「改ざんは過失だった」ことがハッキリするように書き直しさせていたという。

眉唾して聞かないと

   このほか、にわかに信じがたいような話が、番組内外でいろいろと報道されている。もっとも、検察リーク、マスコミ経由の「容疑者の供述」がいかにアテにならないかは、とりわけ最近は言うまでもない。今回は最高検の描く事件の構図が当たるのかどうか。供述頼みでは、今回もまた「恥の上塗り」になるのかもだ。

   「スッキリ!!」コメンテイターの勝谷誠彦は「報道の話もぜんぶ検察ルートで出てきたもの。眉唾して聞かないと」と言い、「そう言われると、まだまだ丸呑みしないほうがいいと思う」と三船美佳がうなづく。国中に広がる(特捜)検察総不信の見本のようなやりとりがスタジオでも繰り広げられた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中