「強制起訴」小沢元代表にとっても土俵に上がるチャンス

印刷

   検察審査会の議決はふたたび「起訴相当」。民主党の小沢一郎元代表が政治資金規正法違反の罪で強制起訴されることになった。

   「国民が小沢さんに抱く疑問は多い。裁判ではっきりさせないと、腑に落ちない」とコメンテイターの香山リカ(精神科医)が言う。有罪無罪は別にして、裁判でシロクロつけるのはよかったとの見方だ。

   メインコメンテイターのテリー伊藤は「これはオザワさんにもチャンスなんですよ。土俵にあがるわけですから。お互い、頑張って(真相を明らかにして)ほしい」と、双方にエールを送った。

   司会の加藤浩次は「裁判でしっかり――というのはあるんですが、この裁判は難しいですよね。検察が1度不起訴にしてますから」と、「今後」への疑問を口にした。

   「不起訴」になったのは正確には2度目。再捜査までしたけど、それでも「やらない」「できない」というのが検察の立場なので、この裁判は裁判所が検事役の弁護士を指定して行うことになる。

   「証拠がほとんどないなかで、どう立証したらいいのか。指定弁護人も困ると思いますね」(元東京地検検事・郷原信郎弁護士)

   裁判のハイライトは強制起訴だった――なんてことにならないとも限らなそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中