プロサッカー選手人生を終わらせた続けざまの大失敗

印刷

   サッカーのゴールキーパーがいかに報われない仕事かは、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)を見ているだけで実感できる。スーパーセーブで再生回数ランキングに入るのはほぼ不可能なのに、珍プレーで多くの嘲笑を買うのは実に簡単だ。そして、ゴーリーは珍プレーを産み出しやすい職業ときている。

PK止めたはずがボールころころ

   最近、そのことを痛いほど知らしめ(また本人も思い知ったのであろう)たのは、モロッコのプロサッカー1部FAR Rabatでプレーするハリド・アスクリ選手だ。彼は9月上旬、カップ戦のPK戦でファインセーブを見せたhttp://www.youtube.com/watch?v=LBWtXhb0nBU&NR=1――はずだった。横っ飛びでPKを止め、ゴール裏のファンに向かって何事かアピールしていた。

   だが、そのときボールは完全には止まっていなかった。アスクリがパフォーマンスしている間に、ボールはころころと転がって、ゴールマウスに吸い込まれ、それはゴールと認められた。結局、チームは敗退したという。この動画はYouTubeで大反響だった。

   それから約2週間後の試合中、アスクリはルーズボールをトラップして、チャージしてきた相手選手をかわそうとした。だがそれはうまくいかず、相手にスライディングシュートを決められてしまった。

   今回のプレーそのものは、軽率とはいえ、珍プレーとしてはわりと平凡な、稀に目にする類のもの。ただ、次に取った行動には意外性があった。アスクリはユニフォームを脱ぎ捨てると、味方選手の制止をふりきって走り出し、フィールドを去ってしまったのだった。

   試合放棄の理由について、同選手はテレビのインタビューで「サッカーはもうやらない」と涙ながらに語ったという。その後の出場状況などは、当探偵社では確認できていない。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中