2019年 12月 6日 (金)

戦場カメラマン渡部陽一あの独特のしゃべりで英語もプロポーズも子育ても

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2日続けて戦場カメラマンの渡部陽一(38)のアフガン・レポート。9月初めから米軍の作戦に従軍し、カブールなどを取材したというが、スタジオで話題になったのは独特のもったりとしたしゃべり。

   司会の小倉智昭「せっかく渡部さんが来てくれたんだから、何か質問はありませんか」

   中野美奈子アナ「独特の話し方は生まれつきなのですか」

   渡部「小さい、時からです」

   中野「英語はお得意なんですか」

   渡部「サバイバルイングリッシュを、使います」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「英語も遅いですか」

   渡部「遅い、ですね」

   中野「デーブさんと何か話してみて」

   デーブ「Where are you going next?」

   渡部「アイム・プラニング・トゥー・ゴーイング・トゥー・アフガニスタン」

   デーブ「聞き取りやすい」

   中野「効果があるんですか」

   渡部「相手が、理解してくれます」(笑い)

「僕と、結婚してください、ト、イイマシタ」

   デーブ「ジェスチャーも使いますね」

こっちも変わってくる

   渡部「言葉が通じない国では、ジェスチャーで」

   小倉「奥さんへのプロポーズもそうやって?」

   渡部「はい、僕と、結婚してください、ト、イイマシタ」(爆笑)

   笠井信輔アナ「子どもさんもそうなるかもしれない」

   渡部「それは、もう、なるようにしか、ならない(笑い)。まだ3か月、身長60センチですから、 ヨオーシ、ヨーシ、ヨシと」(笑い)

   小倉「最初来たときと今とで、しゃべっててこっちが変わってくるから不思議なもんです」(笑い)

   まったくだ。聞いてる方も、「仕方がない」と許しちゃってる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中