2018年 5月 22日 (火)

押尾学の獄中ノート「どいつもこいつも見てろよ」の無反省ぶり

印刷

   番組が「スポーツニッポン」の記事をもとに伝えるところでは、押尾学被告の「獄中ノート」があした発売の雑誌「エッジ・スタイル」11月号に掲載されるという。

彼の弱さ

   記事に紹介されたノートの内容は、拘置所の中で素面で綴ったとはとても思えないような代物。「オレの周りはみんなオレは終ったと思ってる 9.5割」「どいつもこいつも見てろよ、押尾学はもうすでに死んでんだよ」などなどだ。

   記事の見出しは「リベンジしてやる!!」。もっとも、「リベンジ」なる言葉は押尾自身は用いておらず、スポニチ側が当人の心情を察して付けたようだ。なんにしろ、このノート、番組コメンテイター陣のウケはよろしくないようだ。

   「雑誌に投稿するところに彼の弱さを感じる。そういう気持ち(リベンジ)はあるかもしれないが、誰かに頼って言う必要はないし、この時期じゃないのでは」とテリー伊藤。

   「結局、自分のことになってるのかなあって感じが…」と司会の加藤浩次が首をひねる。 日本文学を研究するアメリカ人のロバート・キャンベル東大教授は「安いコピーみたいで、言葉に奥行きがない」と酷評。

   獄中で書いたという詩と同様に、散文も得意な英語で書くべきだったのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中