「B―1グランプリ厚木」テレビなどの宣伝効果7億2000万円

印刷

   9月18~19日(2010年)に行われた「B―1グランプリ」のテレビなどの宣伝効果は7億2000万円あった――会場となった神奈川県厚木市が発表した。2日間の入場者は43万5000人。市商工会議所などの実行委員会と「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」が試算したところ、宣伝効果のほかに、食事チケットの販売1億2000万円、地元に支払われた交通費や宿泊費なども合わせると計36億円の経済効果があった。厚木市の知名度アップで同市を訪れる人の増加も含めると、1年間で78億円の経済効果と予想している。

   B-1グランプリを取り上げたのは104のテレビ番組、64の新聞記事で、テレビでは定時ニュースやワイドショーが会場の様子や優勝メニューを伝えたばかりでなく、NHKの「クローズアップ現代」なども「町おこし効果」を取り上げた。

   次回は来年秋に兵庫県姫路市で開催される。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中