押尾学「獄中ノート」にテリー痛烈反論「なによりも謝罪と反省だろ」

印刷

   押尾学被告の獄中ノートとインタビューを掲載した雑誌「エッジ・スタイル」がきょう(2010年10月7日)発売。前日も取り上げられたネタだが、今日は番組コメンテイターで人間鑑定家のテリー伊藤があらかじめ記事を読んだ上で、再度押尾に厳しい評価をくだした。

子供だよね

   「彼はすぐ敵をつくる」「子供だよね」とテリーは吐き捨てる。世間がどうだ、(元)友人の受刑者の証言がウソだ――と敵愾心を燃やしているが、「敵なんか、押尾にはいない」というのだ。想像上の敵について語るより、我が身を反省しろといったご意見である。

   テリーによれば、押尾は事件で人生を狂わされたマネージャー2人に対して、いまだ謝罪してないそうな。

   「人命がなくなっているのだから、こんなアピールみたいなことよりも、本当のことをちゃんと伝えてほしい」とはるな愛。

   押尾は真実はすべて話したと主張しているが、どういうわけか「本当のことを話せ」と要求するコメンテイターが跡を絶たない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中