誰が使うの?「乗って走れるスーツケース」キックボードと合体

印刷

   12月に国内販売されるというオドロキのスーツケースがスタジオに登場した。なんとスーツケースとキックボードが合体した「乗れるスーツケース」である。普通はスーツケースの持ち手になるものが、ボードのハンドル。ボード用の車輪は、ケースに沿って折りたためるようになっている。マイクロ・モビリティとサムソナイトが共同開発した製品で、マイクロスクーター・ジャパンが国内代理店。

7キロ収納で3万4000円

   トランクには7キロの荷物が収納。荷物満載でも安定して走れるようになっているという。お値段は3万4000円前後の予定だ。

スーツ姿でサラリーマンが!?

   出演者からは「スーツ姿のサラリーマンが乗ってたら、なにしてんだって感じ」(司会・加藤浩次)、「ちょっと恥ずかしくない!?」(弁護士・本村健太郎)と、斬新なコンセプトに若干抵抗を感じるコメントが聞かれたが、いざ試乗した本村は「楽しい、楽しい」と言いながらスタジオを走り回り、キャスターのテリー伊藤から「似合うよ!」と声をかけられていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中