どうしたんだ真央ちゃん!初めて見る天才少女の連続転倒

印刷

「フィギュアスケート Japan Open 2010  3地域対抗戦」(テレビ東京)2010年10月2日19時~

   あの、浅田真央が2回もスッテンコロリン転んでしまった! どうしたんだ真央ちゃん。コーチが怖そうな佐藤氏になって日も浅く、まだ新プログラムに慣れていないという理由はあっても、天才少女のこんな姿は初めて見た。そういえば、サイボーグとも表現されるヨーロッパ代表のエフゲニー・プルシェンコも精彩を欠いていた。シーズン初めだからまだ体が動かないのかもしれない。
   女子でトップの得点を出したカナダのロシェットは、昨年までのプログラムのままだ。長年滑り込んだプログラムが手の内にあるのは当然で、筆者はいつも疑問に思うのである。オリンピックで金メダルを獲ったキム・ヨナも、見る度に同じ内容が多かった。フィギュアスケート界の規定がどうなっているのか知らないが、1種のショウ的要素もあるフィギュアスケートで、あまり長い間プログラム内容をチェンジしないのは問題である。シーズン毎に新しくすべしという不文律でも作ってもらいたい気がする。
   浅田の不調は気になるが、長年フィギュアスケートを見てきた者にとっては今の日本は黄金時代の真っただ中、伊藤みどりが孤軍奮闘していた頃に比べて隔世の感がある。ジュニアにも有望選手が生まれているし、暫くは世界のトップを走るだろう。見事な4回転ジャンプを決めた高橋大輔に免じて☆を半分進呈するが、今の勢いと層の厚さを次のオリンピックまで持続するのは並大抵ではないぞ。

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中