北海道むかわ町のとれたてシシャモ「うまい!」スタジオ試食

印刷

   日本人ノーベル賞ダブル受賞の続報――。「朝ズバ!」は根岸英一・パデュー大特別教授と鈴木章・北海道大学名誉教授の共通点に注目した。

   一つは愛妻家。根岸教授は「この喜びは誰をさておいても、家内に味わってほしい」と言い、無口な鈴木教授に代わって取材を受けた弟(譲)は「姉(章教授の妻)さんが素晴らしい人。論文書きを手伝うなど、なんでもできる」とべたほめ。

   もう一つは、2人とも画期的な方法を編み出しながら特許を取らなかったこと。そのため、世界中にこの方法が普及した。

ノーベル賞で食べることになるとは

   番組はさらにお祝ムード一色に染まった鈴木教授の生まれ故郷シシャモの「むかわ町」を取り上げた。受賞の知らせから一夜明けた7日の町役場。入口には新聞の号外が張られ、職員はさっそくお祝の巨大看板づくりに取りかかった。

   副町長は「キターッという感じですネ。これで町の誇りはノーベル賞受賞が1位、シシャモは2位でしょう」と笑う。町長も「これで名刺が変わってくるかも、『ノーベル賞受賞の町の』とか」と、町おこしのチャンス到来と大はしゃぎだ。

   『町魚』のシシャモ漁も今月2日に解禁とあって、町はいよいよ活気づいている。

   スタジオではむかわ町のとれたてシシャモが焼かれてコメンテーターに饗された。

   毎日新聞論説委員の与良正男「美味しい。ノーベル賞受賞でシシャモが食べられるとは想像もしていなかった」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中