NHK大河ドラマ「龍馬伝」のクライマックス 暗殺いつ?

印刷

   NHK大河ドラマ「龍馬伝」も第4部に突入して、最大のクライマックス龍馬暗殺が秒読みになってきた。暗殺シーンはいつ放送されるのか。11月28日放送の最終回の予定だ。実際の龍馬は1867年(慶応3年)11月15日に京都の醤油問屋「近江屋」に滞在しているところを襲われたから、ほぼそれに近い。

   龍馬暗殺の実行役は幕府派の京都見廻役という見方が強いが、「龍馬伝」ではむしろ黒幕にスポットを当てる。龍馬らが進めた大政奉還に恨み骨髄の幕府守旧派、実質的な権力を握って龍馬が目障りになってきた薩長、これ以上勝手に動かれては困る土佐、女性問題で嫉妬した豪商…ときりがない。

   番組プロデューサーも「ミステリーとして面白い。第4部では出てくる人出てくる人すべて動機をもっているというようなつくり」と話しているから、黒幕はだれなのかを推理しながら見ていくのも面白いかもしれない。

   「福山龍馬」どんな切られ方をするのか……。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中