決断できない菅・民主党じれったい…『小沢問題』も先送り

印刷

   相変わらず肝心な時に決断できない民主党執行部のもどかしさが続いている。今回は小沢元代表の処分や野党が要求する国会招致にどう対処するか。

   12日(2010年10月)の党役員会で離党勧告などの処分を協議することになっていたが、小沢支持派議員の処分反対論に押され結論を持ち越した。国会招致に対しても対応できないままだ。

国会で決まってからじゃ…

   小沢問題では世論に歩調を合わす「朝ズバ」 スタジオでは「じれったいですね。何を怖がっているんでしょう」(早野透・元朝日新聞政治部記者)と、決断できない菅首相をはじめ民主党執行部に厳しいムチが飛んだ。

不思議ですなあ

   司会のみのもんたが「どうですか」と、他のコメンテーターにも振る。

   若狭勝(元東京地検特捜部副部長)「小沢さんもかねて自ら説明すると発言しているのだから、説明しない方向へ行くと自分の言葉にウソをつくことになり、国会議員としても大事な点が問われることになる」

   田中雅美(シドニー五輪競泳銀メダリスト)「国会で決まってしぶしぶ説明するより、民主党内で決めるのが分かりやすいですよね」

   早野はさらに「思い返すと(代表選は)206対200でしたか。菅政権は『206』の政権になっちゃう。菅さんは守りに回ったら菅さんらしくなくなる。(小沢氏も)総理になろうと代表選に出た人なんだから、逃げ隠れしたのでは小沢一郎の名前がすたる」と話す。

   みの「菅総理が毅然とした意思表示をしないのが不思議ですなあ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中