福井のクマ騒動「捕獲中継」のはずが射殺されちゃった!!

印刷

   各地でクマの出没が続く。魚津市では男性2人、山形では60代の夫婦が襲われてけが。福井県勝山市では、デイケアセンターの看護師が大けがを負ったが、そのクマが施設に閉じ込められていた。こちらもどうなるかという現地中継――。ところが、これがさえない。田中良幸アナが前夜の暗闇でしゃべっている映像が出て、クマに襲われた状況を説明。さらに、施設に閉じ込められたクマにエサを仕込んだ罠をかけたりする。ただ、捕獲作業は夜が明けてからということだった。

   施設の中をカメラが捕らえようとするのだが、まったく見えないうえ、クマがどのあたりにいるのかすらわからない。夜が明けても動きはまったくないのだ。番組は「生中継です」というが、なんかおかしいと思ったら、田中が「銃声が2発聞こえまして、午前8時58分、クマの死亡が確認されました」と報告をはじめた。

   このセンターはすぐ隣に130床の病院があり、クマが飛び出してくるのに備えて、猟友会員は猟銃、動物園関係者は麻酔銃で警戒にあたっていた。夜が明けて内部に入ったところ、クマは奥の部屋の天井の梁の部分にしがみついていて、やむなく射殺したという。

クマ出没…エサ求め人里へ

   今年は各地でクマとの接触がすでに70件(昨年45件)と多く、不意をつかれたケースが増えている。魚津市の男性の1人は畑仕事中に後ろから抱きつかれた。例年なら出てこないようなところにまで来ているということだ。

これで落着

   春先の低温と夏の猛暑でエサが少なく、山から人里に下りてきているという。サルやシカと違って、クマはばったり出食わしたら怖い。しかし、各地でカメラにとらえられた映像を見ると、子グマもいるようだし、食べ物を求めてというのが何となく痛々しくもある。

   今回もどんなクマだったのかも写らず、司会の小倉智昭も「これで落着ですか」と、次の話題に移ってしまった。画面の一部にはずっと「チリ」のリアルタイム画像。きょうの「とくダネ」は中継にはついていなかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中