つまらなそうな奥寺健さもありなん…軟派に偏り過ぎフジ昼ニュース

印刷

「スピーク」(フジテレビ)2010年10月11日11時30分~

   まことに珍しい北朝鮮からの生中継番組だというので、期待して見ていたらほんの数分で切れた。恐らく回線が制限されていたのだろう。フジの特派員が少しハイになって喋るのだが、「華やかなパレードや、よるかい・・・」と意味不明な言辞、それって「やかい」のことか。つまり、「夜会」がちゃんと読めないのであった。
   この日のニュース内容は、トップが北朝鮮の軍事パレードはまあいいとして、大きな項目9個のうち、2番目と3番目が神戸の少年殺人事件と母娘殺害現場の家全焼という3面ネタ。他には食いつきサル捕獲とか、不況に挑む街の発明家とか、極め付きがワールドトピックスの世界一のオムレツだって。こんなのが看板ニュースか。散々朝のワイドショーでやっているのに何を今さらである。
   何もNHKのようにワンパターンに政治ネタをトップに並べろとは言わないが、フジは軟派に偏り過ぎである。COP10や北海道補選やチリの落盤事故は入っていたが、世界的不況に伴うもっとグローバルな重要経済ニュースがあるだろうに、オムレツとは噴飯。
   キャスターの奥寺健はいつもつまらなそうにニュースを読んでいる。この人は「新・フジテレビ批評」で結構ズバズバと自分の意見も言うので、能面のようなニュース読みは好きではないのかと見える。フジでは伊藤利尋がエースと呼ばれているようだが、くにゃくにゃしている伊藤より奥寺の方が画面上ではいいと思えるのに。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中