藤原竜也「インシテミル」宣伝 チリ救出に食われてしまった!

印刷

   日本テレビが製作に1枚かんでる映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」が16日から公開されるとあって、主演の藤原竜也ら3人がスタジオに登場した。今日は日テレの各番組に出まくる宣伝デーのようだ。しかし折悪しく、この日の主役はチリの鉱山作業員全員無事救出。有名俳優もすっかりお株を奪われた形となった。

   映画の中身は、時給11万2000円という高額につられて10人の男女が集まったが、そんなうまい話にはじつはとんでもないウラがあったという、当たり前のようなお話。「そんなバイトは普通ないですよね。そこが怪しい」とテリー伊藤。

ラストはなんかガーッと

   「ラストは、なんかガーっとあったりするんですか」と司会の加藤浩次。「10人集まっていろんな事件があった結果、生き残るのは誰なのか」(藤原)が注目らしい。

   スタジオでは「おもしろそうですねー」「もう観たんですが、これはおもしろいですよ!」などといった局タイアップ映画につきもののの社交辞令もなぜか聞かれず、あまり意気あがらぬ宣伝となった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中