島から島へ…海を泳ぎわたるイノシシ2・5キロをスイスイ

印刷

   11日(2010年10月)、九州・伊万里湾で貴重な映像が撮られたという。イノシシが海を時速4キロほどのスピードで泳いでいたのだ。このイノシシは距離にして2.5㎞ほど泳いだ計算だという。

   「山」のイメージの強いイノシシだが、専門家によれば「哺乳類はだいたい泳げる」とのことで、イノシシも1~2時間は余裕で泳げるのだとか。さらに瀬戸内海、九州北部あたりでは、泳ぐイノシシは珍しいどころか、頻繁に目撃されており、どうやら島から島へと泳いで渡っているらしいという。

珍しくないのかぁ

   司会の加藤浩次は「珍しくないんですね」とダメ出し。それでも「映像」は珍しい――といったことらしいが、現地で当たり前すぎて誰も撮らないだけかもしれない。

   イノシシはなぜ泳ぐのか。番組によれば、犬などに追われて逃げたり、パニックになったり、エサを求めてだったり、あるいは「メスを求めて恋の旅路」という可能性も。実際、秋から冬にかけてのイノシシの繁殖期になると、泳ぐイノシシの目撃が多くなるという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中