恋人にしたくないタイプ!「出世志向」男女ともダントツ

印刷

   司会の小倉智昭のオープニング――朝日新聞に出ていた「職場と恋愛」についてのアンケート結果をとりあげた。JTBモチベーションズの調査で、20~40代の会社員618人に聞いたものだ。

   類型は「仕事を楽しむ」「プライベート重視」「報酬志向」「出世志向」「アイデアタイプ」「サバイバルタイプ」「きちんと仕事」「協調型」「目標達成」「スペシャリスト」「期待・評価タイプ」の11で、 この中から恋人にしたい人、したくない人を選んでもらったら、意外な結果が出た。

   恋人にしたくない人としては、男女ともに「役職や昇進にこだわる出世志向タイプ」 が一番多く、約4割が選んだ。次が「報酬志向」の19%、「周りの評価を重視する期待・評価タイプ」17%だった。

人気は「仕事を楽しむ人」「プライベート重視の人」

   逆に、恋人にしたいタイプは、女性が選んだのは「仕事を楽しむタイプ」、男性が選んだのは「プライベート重視タイプ」で、ともに36%だった。

報酬を求めたらいけませんか

   小倉は「報酬志向」「出世志向」が少ないのを訝った。「男が報酬を求めたらいけませんか」

   笠井信輔キャスター「昔は3Kとか高収入とかいいましたよね」

   中野美奈子アナ「欲だけで、空回りしている人っていませんか」

   夏野剛(元NTTドコモ執行役員)は「家庭に迷惑をかけていることを考えると、わからないでもない」と訳のわからんコメントだ。

   柴門ふみ(漫画家)「恋愛と結婚相手は別だと思う」

   小倉「あ、これは先行っちゃってる」

   笠井「仕事とプライベートをバランスさせる」

   小倉「それにはある程度の地位とか収入が必要じゃない?」

   笠井「でも、仕事のために家庭が犠牲になったりすると…」

   小倉「おたく、犠牲になってません?」

   笠井「犠牲になってます(クスクス笑い)。だから、休みの日にはがんばって…、自分のプライベートないくらい」

   小倉「そうなんだ」とニヤリ。

   この調査では、「職場に気になる異性がいる」と答えた人ほど、仕事へのやる気も高かったという。その方がよくわかる。異性に関心がなくなったらおしまいだよね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中