品川祐 ブログに悪口書くのはこっちがバカらしい

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐が10月16日(2010年)のブログで、「悪口」について語っている。

   品川はブログやツイッターで「悪口」を書かないようにしている。理由は2つあり、1つ目は文章で悪口や暴露、噂を書くことで、人の興味を集めるのは簡単だが、誰かを褒めたり称えたりする内容を面白く書くのは難しく、またやりがいを感じるからだ。

   2つ目は人の悪口を書いて、いっさい得をすることがないから。なによりも、悪口を書いても気分は晴れない。「嫌いなヤツ」に会ったとして、むかついた気分になり、仮にブログに書くとなれば、それをもう一度思い出さなくてはならない。その繰り返しで、一日中嫌なことを考えているというのも、ばからしい。

「こっちは一日中ムカついてんのに、相手はこっちのことなんか忘れて楽しく過ごしている可能性すらある」

   それならば、好きな人のいい部分を書いて、楽しかったことを思い出したいものだ。ただし、文章に残さないだけであって、腹が立つことがあれば口に出し、人の目の前で怒るようにしているという。そして、仲のいい人と一緒にいるときだけは「美味しくなりそうな場合には軽~く毒を吐きます」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中