TBS小栗旬「日9ドラマ対決」でフジ松雪泰子に圧勝

印刷

   東芝日曜劇場以来54年間続いているTBS系の看板ドラマ枠「日曜夜9時」にフジテレビ系が殴り込み、さて軍配はどちらに上がるかと注目されていたが、初回を見る限り、フジテレビはひとっ叩きで退けられた。

   10月17日(2010年)から「TBS日曜劇場」に「獣医ドリトル」がスタート。小栗旬の獣医を主役に、「金とビジネスと動物と飼い主たち」の話で、脇を石坂浩二、國村隼らベテランが固める手堅いキャスティングだ。人気コミックのドラマ化ということもあって、初回の視聴率は16・0%と好調な滑り出しとなった。

   対するフジテレビは、松雪泰子主演で「パーフェクト・リポート」をぶつけた。やり手のテレビ報道記者で、おちこぼれチームを率いてスクープをものにしていくお話だが、こちらは小日向文世をのぞけば若手ばかり。TBSとは違う視聴者層を狙ったのだろうが、初回視聴率は7・7%とダブルスコア以上の完敗。やはり、貫禄の違いというところか。キャスティング厚み、ストーリー設定の面白さの差は大きく、松雪リポーターが小栗ドリトルに追いつくのは難しそうだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中