2020年 11月 30日 (月)

古賀茂明(経産省キャリア)「民主の公務員改革インチキ」スパモニで生告発

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   話題の人物をゲストに招いた。キャスターの赤江珠緒が「政府の公務員制度改革を批判する現役のキャリア官僚が覚悟の生激白です。先週は国会に呼ばれ、今月いっぱいで退職を迫られているとも言われています」と切り出す。

   経済産業省大臣官房付の古賀茂明(53)は、雑誌に「民主党の政治主導は看板倒れ」「天下り根絶の原点に戻れ」と主張する論文を発表、参考人として呼ばれた10月15日(2010年)の参院予算委員会でも政府方針を批判した。聞いていた仙谷官房長官が「こういうやり方は彼の将来を傷つける」と答弁し、「恫喝だ」として国会で厳しく追及された。

仙谷官房長官の恫喝「凍りついた」

   スタジオで、リポーターの玉川徹が「この恫喝をどう受けとめたか」と尋ねる。古賀は「凍りつくような感じがした」と言う。

人生考え直したのか

   古賀は省庁が「天下り」を温存しようとする狙いと仕組み、民主党がそれを許容する理由、「本当の改革」が必要な理由などを語った。

   鳥越俊太郎(ジャーナリスト)が、古賀が福岡県出身で同郷であること、2005年に大腸がんの手術を受け、その主治医、執刀医が自分と同じだったことを明らかにしたうえで、「人生について考え直したのではないか」と聞く。

   これに古賀は「やりたいことをやり残したくないと思った。怖いものがなくなった。1回、死ぬかなと思ったし」と答えた。

   赤江が「改革を動かすには民意が一番力になるのか」と問いかけると、古賀は「こういう番組で取り上げてもらうこと」と応じた。

   政府は彼をどう処遇するか決めかねているらしい。どう転んでも、古賀は自らの道を邁進するに違いない。いっそのことコメンテーターに転じたらどうだろうか。

文   アレマ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中