2018年 5月 24日 (木)

弘中惇一郎弁護士「無罪請負人」選任で小沢一郎『徹底抗戦』

印刷

   「強制起訴が決まった小沢元代表の弁護団に弘中惇一郎弁護士(65)が加わりました」と小木逸平キャスターが語り出す。小木の言を借りれば、「カミソリ弘中」とか「無罪請負人」と呼ばれる「すご腕弁護士」。過去に「ロス疑惑」「薬害エイズ」「ライブドア」「林野庁汚職」「郵便不正」などの有名事件を手掛け、故三浦和義氏、最近では村木厚子さんなどの無罪を勝ち得てきた。

有名事件で連戦連勝

   「すご腕」が小沢弁護団に入った意味を、鳥越俊太郎(ジャーナリスト)が解説する。――これまで小沢弁護団を率いたヤメ検弁護士の手法は、専門家の間で評価がいまいちだった。これから始まる強制起訴による裁判は、無罪の可能性が高そうだが、そうでもないとも言われ、予断を許さないところがある。そこで弘中弁護士を加入させた――

予断を許さない

   ここで三反園訓(テレビ朝日コメンテーター)が、「小沢さん陣営の危機感の表れ」と口を挟むと、赤江珠緒キャスターが「徹底抗戦で行くぞという」ことだろうと言うと、小木が「本気度がわかる」と追随する。

   鳥越は「弘中さんが入ったのは、すごい大きいことだと思う」とニンマリした。

   ガチンコ勝負の行方が楽しみではある。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中