犬用おせち、犬用振り袖、犬用ネイル…そこまでやるのォ!?

印刷

   昨今、家庭の消費支出が伸び悩むなかで、天井知らずで伸び続けてる分野があるという。それはペット関連の支出だそうな。不況知らずらしい「ペットビジネスの最前線」を番組が追ったところ、出てきたのはほとんど犬用のグッズやらサービスである。

完全に擬人化

   犬用ネイル、犬用おせち、年越し蕎麦&雑煮セット、犬用料理(犬料理ではない)の専門店、犬様リフレッシュ用酸素カプセル、御犬様がお召になる振り袖、袴etc、etc。人間にあって犬にないモノを探すほうが難しそうだ。

給料は減ってるのに

   「不況でおカネなくて給料は減ってるのに、ペットにはおカネかける。この心理はなんなんだろ?」と司会の加藤浩次。

   「完全に擬人化ですよね」とコメンテイターで弁護士の八代英輝。

   「人間だとすごくおカネかかるけど、ペットだとその何分の一で贅沢を味わえるからじゃないですか」と漫画家のさかもと未明。

   テリー伊藤は「いまは犬にこんな――と言ってるけど、あと20年したら当たり前になるかも」と予測していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中