「ザ・キャピトルホテル東急」改装オープン1泊65万円だれがお泊まり?

印刷

   きょう(2010年10月22日)新規オープンしたザ・キャピトルホテル東急(東京・赤坂)のキャンペーンに時間を割いた。来日したザ・ビートルズが宿泊したことで名を挙げた東京ヒルトンホテルが前身で、その後、キャピトル東急ホテルに名を変えた。老朽化による改築のために4年間閉館していたという。

   白真珠の間で会見するビートルズ、パーコー麺を食す麻生太郎元首相、利用したのであろう韓流スターら著名人の映像が流される。

期間限定スタンダード4万6000円

   キャスターの赤江珠緒が「場所がいいんですよね。国会議事堂、議員会館、総理官邸が近く…」と説明しはじめると、コメンテーターの松尾貴史(タレント)が「あまり用事ないですよ」と笑いながらチャカす。「まあまあ」と赤江。

場所がいい

   総支配人が「世界中から訪れるゲストに和(やわ)らぎ、和(なご)みを提供していく」と話すように、「和」が「売り」のようだ。密会に適した和風料理店もあるらしい。

   長嶋一茂(巨人軍代表特別補佐)は「周りに緑が多い。ハイアットとかリッチとかペニンシュラとか外資系のホテルが乱立する中で、日本の風情を外国のお客さんにアピールできそう」と持ちあげる。

   最も高い218平方メートルの「ザ・キャピタルスイート」が1泊65万円、45平方メートルのスタンダードタイプで6万5000円という。このスタンダードタイプがキャンペーン期間中の12月30日まで4万6000円(1日限定10室)とのこと。一夜のセレブ気分って、どんなものだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中