大胆ボンテージ姿再び 仲里依紗「大ニュース!」と興奮

印刷

   2010年5月に公開された映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」で女優の仲里依紗(21)が演じて話題となったキャラクター、「ゼブラクイーン」が、エイズ啓発ライブ「Act Against AIDS 2010『THE VARIETY 18』」に出演することが分かった。仲が10月22日のブログで、「大ニュース」として報告している。

   ゼブラクイーンは、仲の大胆なボンテージ姿が話題となったキャラクターで、ヒットチャート40週連続1位を獲得したカリスマアーティスト、という設定。今回の登場で、セクシーな黒のボンテージ姿がまたみられることになる。

   お気に入りのキャラクターということもあって、仲は「日本武道館でZEBRAQUEEN様に会えるとゆう大大大イベントです」と興奮気味だ。

   「Act Against AIDS 2010『THE VARIETY 18』」は日本武道館で12月1日に開催される予定。出演はポルノグラフィティやPerfumeといったアーティストのほか、俳優の三浦春馬、佐藤健、吉高由里子ら。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中