今週中に「円」史上最高値か!「日本企業は守るより攻めろ」

印刷

   冒頭に取り上げられたのは「止まらない円高」。政府・日銀が介入したり、G20(財務大臣・中央銀行総裁会議)で「通貨安競争をしない」と合意すると一時的に円安に振れたが、円高の流れは変わらないようだ。きのう(2010年10月25日)5時すぎには80円41銭をつけた。

79円75銭ためす動き

   赤江珠緒キャスターが名村晃一・テレビ朝日ニューヨーク支局長を呼び出す。

アメリカの反応は?

   「アメリカの反応は?」という赤江の質問に、名村は「あまり話題になっていない。ドル安については、ちょっと危機感を持ち始めた」と答える。

   コメンテータ-の鳥越俊太郎(ジャーナリスト)が、「アメリカのガイトナー財務長官が強いドル政策に言及した。ドル安は歓迎していないのか」と問いかける。これに対して名村は、本音と建前の使い分けだとし、本音ではドル安にして輸入で儲かりたいが、強いアメリカを維持するために基軸通貨はドルでなければいけないという建前もあり、「タイミングを選んでは、ドルは強くなければと発言するのだ」と説明した。

   小木逸平キャスターが産経新聞の記事を引用して、1ドル=90円を想定している企業が修正に動いていると伝える。それによると、トヨタが約80円、パナソニックは約80~85円、東芝にいたっては約70円とのこと。

   名村は「今週中に79円75銭の史上最高値を試す展開があり、早い時間に最高値がくる」と予測、「円高は止めようがない。日本企業が攻めていくとき」と語った。

   落合惠子(作家)が言うように、「対ドル依存はもう成立しない」状況になっているようだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中