w杯予想タコ「パウル」天寿全う…遺灰は「蛸壺」に?

印刷

   「何事もないかのように番組は始まりましたが」と司会の小倉智昭。「本番1分前にデーブがお茶をこぼしまして」 高木美保が一生懸命に拭いたらしい。

   そんなこんなで始まったオープニングトーク。小倉が「新聞を見たら、パウルが死んじゃった」

   それを中野美奈子アナが「タコの…」と受けちゃったので、小倉はずっこけ。

「あのねぇ」

   受けを外した中野が「アーッ」と慌てたが後の祭り。

「ま、演出は考えないことにしましょう」

   気を取り直して小倉「パウルと聞いて、タコのことだと思いました?」

   笠井信輔キャスター「パウエルさんだと思ったり…」

   小倉「ローマ法王だとか、宮崎駿だとか…。タコの写真がなかったらわからない」

   むろん、ワールドカップでドイツ戦7試合と決勝戦の結果をピタリと予想したあの タコのパウル君のことだ。

マダコの寿命は3年前後

   「記者がニヤニヤしながら書いていることが行間からわかる」と小倉が、日刊スポーツなどを読んでみせた。

日本では食べるのが供養

   「偶然に8試合を全的中させる確率は256分の1で、 『神懸かりタコ』と世界中から注目された」「一度は命の危機にもさらされた。準決勝でドイツの敗戦を予想したことで、『サメの水槽に入れてしまえ』『パエリアにして食べてしまおう』などと大バッシング」「火葬後は骨のないパウル君の遺灰を残すことも検討」などなど。

   2008年1月26日、イギリス沖の大西洋で生まれたとされ、生後3か月でドイツに移住して水族館で育った。2歳9か月近い。マダコの寿命は3年前後というから、まあ天寿をまっとうしたというわけだ。

   小倉「遺灰は骨壺じゃなくてタコツボに…」

   どうやらこれが言いたかったらしい。

「しかし、いつ生まれたなんてわかるんですか? 食べればおいしいマダコですから、日本の考え方からいえば、いちばんの供養は食べてやることだと思うんですがね」(小倉)

   デーブ・スペクターが「イギリス生まれだからイングランドびいきだった」といったが、これは蛇足。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中