2018年 7月 20日 (金)

転げ回るハローキティ異様…「不気味」「恐い」「マジ狂気」

印刷

   今年、創立50周年を迎えるというサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」。日本をはじめ、世界中にファンを持つ彼女(?)。そういえば、今を時めく歌手のレディー・ガガも熱心なキティファンだという。だが最近、そんなハローキティの意外な姿が動画サイトのニコニコ動画に投稿され、ちょっとした話題になっている。

甲高い声で独り言

   話題の主は「爆笑ハローキティ」なる市販のキティだ。一見すると普通のぬいぐるみだが、尾っぽが電動で回転することにより、床などをころころと転がり回る仕組みを持つ。また、転がると同時に、内蔵の音声が「キャハハハハハ」「ふふふ、おっかしい!」などと「爆笑」したり、お喋りができるというもの。

   販売サイトの博品館http://www.hakuhinkan.jp/07/4972825839355.htmlに載っているコピーは、「キティが笑い転げまわる姿は、思わず微笑んじゃう♪」とかわいさをアピールするが、いざ動く映像を見てみると、それとはかなり異なった印象を持つかもしれない。

   暗い照明の下、無表情なキティが甲高い声で独り言を叫びながら、手も足も使わずに転がりまわる姿は異様にも感じられ、もしホラー映画の一幕だとしてもとくに違和感ないような映像なのである。この動画には「なんじゃこれ」「怖い」「マジ狂気」「なんで転がってるんだ」などと、キティの意外な様子に思わずぞっとしたとの趣旨のコメントが殺到した。

   じつのところ、「笑いころげる人形」というのは、何年か前から玩具界の地味なトレンドらしく、セサミストリートのキャラクター「エルモ」の爆笑人形も発売されている。この「くすぐりエルモ」の動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm205953もニコニコに投稿されているが、視聴者のコメントを見る限り、「これは可愛い」「つられて笑ってしまう」「やめてけろで噴く」など、こちらはわりと好評を得ているようだ。腕を上下させたり、座った状態から後ろにひっくり返るなど、動きの芸が細かく、音声もユーモラスだ。

ボンド柳生

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中