宇多田ヒカル ベスト盤騒動「あとはみんなに任せます」

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(27)が、加熱した「ベスト盤不買運動」の報道が誤解を招きかねないとして、10月26日(2010年)のツイッターで、

「レコード会社がベストを出すことに反対しているわけじゃないです。彼らにはその権利がある。ただ今回は、UniversalがEMIのアルバムと同じ発売日にしたことは、レコード業界から見てもちょっと非常識な、失礼なやり方なのでは?というのが問題なんです。誤解されがちな点なので!」

と改めて説明した。

   報道を受けて混乱したファンに対しては、「私を応援してくれるファンからしたら複雑な部分もあるよね。収録曲を見た上で買いたい人には買うなとは言わないよ。あとはみんなに任せます」と呼び掛けた。

   25日のツイッターで、11月24日に発売される2種のベストアルバムのうち1つは自分の意志に反して発売されると発言したことで始まったこの騒動。宇多田は「アーティストとして黙って泣き寝入りはしたくなかっただけ!」と真意を書き残した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中